iPnoneの設定 完全解説 Part1

iphoneSE

「iPnone」は「設定」から細かなカスタマイズが可能だ。wi-fiやBlutetoothの設定も行えるので、格安SIMを使う際にもお世話になる機能の一つ。ここでは「設定」について何ができるか、どうすれば良いのかをPart1、Part2に分けて解説する。この記事はPart1である。

機内モード:飛行機に搭乗したときに使う

航空機内では、離着陸時は電源オフ、飛行中は携帯電話やWi-Fiなどの電波を発する機器の使用ができない。

しかし、機内モードをオンにすることで、iPhoneからはあらゆる電波が発せられなくなる。そのため、飛行中でも機内モードにすれば、iPhoneを使用できるのだ。

機内モード時はメニューバーに飛行機の形のアイコンが現れるので、客室乗務員に確認を求められたときは、このアイコンを示そう。インターネットは使用できないが、音楽を聴いたり、通信を使用しないゲームなどを楽しむことができる。

Wi-Fi:無線LANに接続をする

Wi-Fi

Wi-Fiオンにすると、Wi-Fiネットワークを探し接続できる場合は接続する。

オンにしておくと、常にWi-Fiの電波を探し続けるので、バッテリーの消費は速くなるWi-Fiはまったく使わないというのであればオフにしておいてもかまわない。

最近は格安SIM各社がWi-Fiスポットを提供しているケースが多い。必要に応じて使うとよいだろう。

接続を確認

オンにしておくと、Wi-Fiネットワークを見つけると、ダイアログが現れどのネットワークに接続するかを選べるようになる。しかし、オンにしておくと、接続できないWi-Fiネットワークでも発見するたびにダイアログが現れるようになり、けっこう煩わしい。

そのため、オフにしておくほうが快適だ。オフにしておいても、一度接続したことのあるWi-Fiネットワークであれば自動的に接続をしてくれる。

Bluetooth

Bluetooth機器を使うときにオンにする
一般的なBluetooth機器は、ワイヤレスヘッドフォン、ワイヤレスヘッドセット、ワイヤレスキーボードなどだ。

また、iPhone同士をBluetooth接続して対戦ゲームなどを楽しむことができる。Bluetooth機器をずっと使い続ける使いかは少ないので、普段はオフにして使うときにオンにするといいだろう。わずかではあるがバッテリーの節約になる。

キャリア

接続する電話会社を選ぶ
普段は「自動」をオンにしておけばよい。海外に行った場合は、地元の電話会社に接続ができるが、データ通信や通話料金などの面で、提携をしている電話会社かどうかで大きく異なってくる。

そういう場合は「自動」をオフにして、一覧から料金が安くなる電話会社を手動で選ぶようにする。国内にいるときは「自動」のままにしておけば問題ない。

格安SIMの場合も同じく格安SIMが提供する回線を選べば良い。

おやすみモード

通知音やバイブなども一切なくなる

おやすみモード

オンにすると、通知音やハイフなども一切なくなり、安眠できるようになる。マナーモードでは、着信は通知はバイブになるが、おやすみモードではバイブも振動しなくなる。

iphoneの設定画面

iPhoneの設定画面から様々な設定やカスタマイズが行える。

通知

アプリからの通知の表示方法を設定する。

おやすみモード

「時間指定」をオンにすると、指定した時間に自動的におやすみモードになる。自分が毎日寝る時間と起きる時間を設定しておくと便利だ。

「着信を許可」では、おやすみモード中であっても、指定した人から電話があった場合は着信音をならす設定。友人や家族の連絡先グループを作り、これを指定しておくと、夜中でも緊急の電話を受诗ることができる。

「かけなおしの電話」は、オンにしておくと、同じ人から3分以内に2回電話がかかってきたときは着信音が鳴るようになる。夜中に何度もかけるのは緊急の電話に違いないというわけだ。

Appを並べ替え

下の「通知センターで表示するAppにはほとんどすべてのアプリが一覧表される。この一覧を「時間順」「手動」で並べるかを選ぶ。「時間順」にすると、アプリがインストールされた順に並ぶ。

「手動」にすると、「編集」ボタンをタップするで、アプリの並び順を自分で変えることができるようになる。アプリの一覧は数が多くなるので、「手動」にしておいたほうが無難だ。

通知センターで表示するApp

「通知センター」をオンすると、そのアプリの新着情報が通知センターに表示されるようになる。

通知センターとは、iPhoneの画面を上から下にスワイプすると現れる新着情報の一覧のことだ。基本的に新しくインストールしたアプリはオンにしておいたほうがいいだろう。

しばらく使ってみて、通知される新着情報があまり重要ではない、通知センターに表示されるとかえって煩わしいと感じたらオフにすればいい。

「表示」は、通知センターに表示する最新情報の件数を選ぶ。「最新1件」「最新5件」「最新10件」のいずれかから選ぶ。最初あ「最新5件」にしておき、使ってみて、件数を再設定するといいだろう。「

通知のスタイル」は、最新情報が届いたときに、通知センターではなく、iPhoneの画面にどのように表示するかを選ぶ。「なし」「バナー」「ダイアログ」のいずれかから選ぶ。

「なし」ではiPhoneの画面にはなにも表示されないが、通知センターには表示される。
「バナー」では新着情報があるたびにiPhone画面上部の細いバナーに新着情報が表示される。このとき、バナーをタップすると、そのアプリが起動し、最新情報の内容を見ることができる。

「ダイアログ」では新着情報があるたびにiPhone画面の中央のダイアログに新着情報が表示される。このとき、「表示」ボタンをタップすると、そのアプリが起動して、最新情報の内容を見ることができる。

「通知知センター」をオンにしておけば、どの通知スタイルを選んでおいても、新着情報は通知センターには表示される。

「Appアイコンバッジ表示」をオンにしておくと、アプリアイコンに新着情報の件数が、数字の入ったバッジで表示される。新着情報のあるアプリが一目でわかるので、できるだけオンにしておくといいだろう。

「ロック中の画面に表示」をオンにすると、最後にiPhoneがスリープしてからスリープを解除するまでの間の新着情報が、ロック解除画面にも表示されるようになる。

このとき、表示されたアプリのアイコンを左から右にスワイプすると、その新着情報に応答ができる。たとえば、電話アプリでスプ中に不在着信があった場合は、ロック解除画面に「不在着信」の新着情報が表示され、電話アプリのアイコンを左から右にスワイプすることで、不在着信の相手に電話をかけることができる。

通知は便利な機能だが、あまりにたくさんのアプリを「オン」にしておくとかえって煩わしくなる。「電話」「メッセージ」「メール」など素早く応答する必要があるアプリだけを「オン」、その他は「オフ」にしておいたほうがいいだろう。

通知センターで表示しないApp

通知センターに新着情報を表示しないアプリであっても、「バナー」や「ダイアログ」、「バッジ」などの表示はできる。ただし、通知センターに表示しない設定にするということは、さほど重要なアプリではないはずだ。

「バナー」や「ダイアログ」はオフにしておいたほうがiPhoneは快適に使えるだろう。

ただし「バッジ」はオンにしておいたほうがいい。新着情報の件数がアプリアイコンにバッジ表示されるので、新着情報があることが一目でわかるからだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする